シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IoTが革新する「ものづくり」の現場

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スクリーンショット 2015-08-11 11.24.57

  • 【引用元:】http://forbesjapan.com/summary/2015-05/post_6382.html
  • IoTは、データ収集、データ分析、機器のコントロール、サービス提供の4つの要素で構成される。IoT普及のためには、この4つの要素のうち、データ収集を担うセンサーが普及することが大前提となる。しかし、センサーの普及にはコスト面の制約が立ちはだかっているのが現状である。当然、センサーの普及が進まない限り、そのデータ分析の手法の進化にも限界が生じる。その結果、IoTは巷間騒がれているような、社会全体を大きく変えるようなインパクトは生み出さない可能性もある。

IoTの普及は果たしてどこまで効率化できるのかが非常に気になる所だと思われます。ものづくりの現場においては、現状様々な改善が見込まれているソリューションが多く出ていますが、実験段階であるソリューションが見受けられます。今後、どこまで市場に食い込むことができるのか、動向が期待されます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IoTInnovater

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>