シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クルマをIoT化する通信型OBD端末、FOMA通信網で車両情報を取得

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スクリーンショット 2015-08-13 10.34.05

  • 【引用元:MONOist】クルマをIoT化する通信型OBD端末、FOMA通信網で車両情報を取得
  • 同社は、自動車から定期的にさまざまな情報を収集してクラウドに蓄積し、車両の整備管理やドライバーの安全運転指導、動態管理などに活用できるようなサービスの提供を目指している。今回展示した通信型OBD端末は、このサービスに用いられる。「2015年内にはサービスを開始したい」(同社の説明員)という。

自動車のIoT化は日本や海外でも盛んに行われています。今回のNTTドコモの発表により、車の様々なセンサーの値を取得できるようになりました。これらの情報から、保険や混雑状況も確認できる可能性があり、今後どうソリューションを提供していくかが期待されます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IoTInnovater

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>