シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

富士通、「工場の見える化モデル」がIICのテストヘッドに日本初の承認。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スクリーンショット 2015-09-17 15.33.50

  • 【引用元:日経テクノロジーonline】富士通の「工場見える化モデル」、IoTの国際アライアンス「IIC」のテストベッドに
  • 富士通は、グループ企業の社内工場での実践ノウハウに基づいた「工場見える化モデル」を、有力なIoTアライアンスである米Industrial Internet Consortium(ICC))に提案した。今回、同モデルがIICのテストベッドとして承認されたことを発表した(ニュースリリース)。IICにおいてテストベッドとして承認された日本のモデルは、今回が初めてだという。

製造業のIoTは急速に普及されつつありますが、その多くは実験に留まっている現状です。富士通は、今回の承認により具体的な製造業における「工場の見える化」は更なる効率性、生産性を向上されるかもしれません。今後の製造業の動向に期待されます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IoTInnovater

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>