シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MicrosoftがIoT事例を紹介 -牛の生産効率が上がる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スクリーンショット 2015-09-18 16.19.41

  • 【引用元】http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/091700383/?rt=nocnt
    • マイクロソフトが明らかにしたIoT導入事例
  • 牛専用の万歩計で発情期を予測――富士通九州システムズ。牛に歩数を計測するセンサーを取り付け、遠隔監視し機械学習させることで、発情期が来るタイミングを未来予測できるようになった。牛の発情期は、21日~28日の周期でとくに夜9時~朝5時に訪れることが知られている。これらをモニタリングすることで、適切なタイミングで人工授精を行えるようになり、子牛の生産効率が飛躍的に上がった。それに伴って管理者の負担を軽減できたという。

牛農家がIoTで改善される事例が発表されました。仔牛の生産効率向上でIoTが使用された事例は今回初の試みだと思われます。今後牛だけではなく、豚や鳥などの家畜動物にも応用されていくかもしれません。今後の動向に期待されます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IoTInnovater

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>