シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

協和エクシオがため池の監視をIoTで

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スクリーンショット 2015-10-08 11.54.12

  • 【引用元:businessnetwork.jp】IoTでため池の水位を遠隔監視――新ビジネス創出を目指す協和エクシオ
  • 長崎県五島市でため池の水位を遠隔監視するシステムが2015年1月に動き始めた。ため池の水位をセンサーが常時モニタリングし、無線通信を介してクラウドサーバーへセンシングデータを送る。水位が急激に変動すると農家で構成する水利組合や自治体などにアラートメールを送信する。それによって水門を開くなど、ため池の決壊を防ぐ対策をタイムリーに実行することが可能となる。

企業が地域の課題に向けてでIoTソリューションを開発する形が現れてきています。地域の課題として今回、ため池の事例は他の農業地域にも応用することができ、効率化された新しい農業の形であるといえます。今後、企業が地域の課題解決を行われていく形が増加していくと思われます。今後に期待されます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IoTInnovater

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>