シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブリヂストン、タイヤから路面状態を判別するセンシング技術を実用化…世界初

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スクリーンショット 2015-12-02 13.54.22

  • 【引用元:Response】ブリヂストン、タイヤから路面状態を判別するセンシング技術を実用化…世界初
  • タイヤのトレッド内側に装着した加速度センサによりタイヤのトレッドの振動を検出し、情報を無線で車載解析装置へ送信。これをリアルタイムに解析し、7つの路面状態(乾燥、半湿、湿潤、シャーベット、積雪、圧雪、凍結)に判別する。判別結果は車内ディスプレイに表示されるほか、通信ネットワークを介してほかのドライバーや道路管理事業者と共有することもできる。

IoTにおいて自動車分野は非常に盛んですが、今回タイヤをIoT化する非常にユニークな製品がブリジストンから発表されました。今回、タイヤから路面状態を把握できることによってタイヤ販売会社、道路管理者、除雪車、タイヤにおける技術研究分野など様々な事業者が恩恵を受ける可能性を秘めています。積雪地方ではタイヤの磨耗による事故も多く発生している中、非常に有効的な製品と言えます。今後の動向に注目されます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IoTInnovater

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>