シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IoTに向けた動きはトヨタにも – 「つながる」車でさらなる発展を目指す

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【引用元:マイナビニュース】トヨタ、「つながる」クルマを拡大 – 2017年以降の米国モデルから
  • トヨタ自動車(トヨタ)は1月4日、米国で2017年以降のモデル切り替えから車載通信機(データ・コミュニケーション・モジュール:DCM)の搭載率を高め、順次、米国以外の地域に対象地域を拡大すると発表した。車両データの送信を行うDCMの搭載率向上を通じ、これまで以上に収集データを製品開発やアフターサービスに活用していくという。また、膨大なデータ処理を行うためのITインフラを機能拡張し、現行のトヨタ・スマート・センター内にトヨタ・ビッグデータ・センター(TBDC)を構築する。さらに、現在は国・地域で仕様の異なるDCMを、2019年までにグローバルで共通化し、順次切り替えていくほか、DCM通信をグローバルに集約管理する機能をトヨタ・スマート・センターに付加するとしている。

自動車メーカーの大手がIoTに向けて本格的に動き始めているようです。今回のトヨタ製品では、グローバルも視野に入れた製品になっており、トヨタ内での製3品開発からお客様へのアフターサービスまで一貫したデータの活用をしていくようです。大規模なこれらの動きは自動車にまつわるIoTに劇的な発展が見込まれる発表といえるでしょう。今後の進捗がきになるところです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IoTInnovater

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>