シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Huawei、わずか10KバイトのIoT向けOS「LiteOS」を発表

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スクリーンショット 2015-05-23 9.00.24

  • 【引用元:IoTNext】http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/052101681/
  • Huaweiが「世界最軽量」と称するLiteOSを発売。その量は、10Kバイトのみ。ゼロコンフィグレーション、自動検出、自動ネットワーキング機能をサポートする。スマートホーム、ウエアラブル端末、ネット対応自動車などさまざまな分野に応用可能としている。
  • Huaweiはまた、LiteOSとゲートウエイ、コントローラーを組み合わせたIoTソリューション「Agile IoT Solution」を提供。同社のネットワークアーキテクチャの新版「Agile Network 3.0 Architecture」をベースに、企業が迅速につながるIoTインフラを構築して、製造やロジスティクスにおけるデジタル化を実現できるよう支援を行う。

IoT向けに非常に軽いOSがhuaweiより登場してきています。こういったOSやデバイスなど昨今、多数製品化されてきていますが、それらを使用した事例が期待されるところです。今後の展開が気になるところです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IoTInnovater

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>